ホーム > メールリンク決済の導入

メールリンク決済の導入

お問い合わせ何かお悩みですか?

NIPPON Platformのメールリンク決済なら訪日前の事前予約、越境ECに中国三大決済がご利用いただけます

中国では主流となっているQRコード決済をオンラインでも利用できる決済

管理画面からお客様に決済URL(決済手続き画面)やQRをメールでご案内し、決済を行っていただく方法です。
ショッピングカートの変更やシステム構築の負担なく、決済サービスを導入していただけます。
訪日の前に前払いでの決済が可能になります。

特長メールリンク決済の特長

メールリンク決済サービスは、支払金額を入力すると、QRコードとURLが自動的に生成されます。
このQRコードかURLをメールやチャットメッセージで相手に送る事で、
相手側は中国三大決済の中から自分で支払い方法を選んで簡単に決済することができます。

  • 特長その1

    訪日前(訪問前)の申込み予約の前払い決済が
    可能です。

    訪日前、訪日後の日本に滞在していない中国人のお客様に向けて、非対面で決済してもらう事ができますので、事前に予約代金を支払って欲しい場合や、見積書を送って同時に決済して欲しい場面など、様々なシーンで便利にご利用いただく事が可能となります。

  • 特長その2

    ネット銀聯(ぎんれん)決済

    中国のネット決済に対応している銀聯カードは、発行枚数が50億枚と増加傾向にあり、銀聯デビットカード、銀聯クレジットカードに対応した決済を行うことができます。銀聯カード発行枚数は増加しており、セキュアな接続方式を採用しており、銀聯カード対応とすることで、中国人のお客様を対象とした取り込みが期待できます。

  • 特長その3

    Alipay

    Alipayは中国のオンライン決済の約52%を占める世界有数の第三者決済である。Alipayはタオパオショッピングモールをはじめとした、中国国内で55万加盟店、海外の5万加盟店で利用できる決済サービスとなります。4億人以上のユーザー数を保持し、公共料金の支払い、ECでの決済、割り勘サービスなどもあり、手数料がかからないところが大きなメリット。Alipayは架空の口座を作り、その口座にお金を入れることで利用出来るサービスです。

  • 特長その4

    WeChat Pay

    WeChat Payは中国のSNS、WeChat(微信)から利用できる決済サービスです。実店舗とネットショップの両方で容易に導入でき、複数通貨に対応できる点が強みで、銀行口座と連動した決済機能は中国人旅行者のショッピングなどにもよく利用されています。

機能メールリンク決済でできること

  • デモ画面

    お客様がオンライン(日本)でご注文された商品の支払方法で「メールリンク決済」を選択すると、NIPPON Platformでメールリンク決済を利用している販売者様へ注文が入ります。
    管理画面より「新規決済依頼」で「決済リンクを発行」すると決済用のリンクが生成されます

  • デモ画面

    生成された「決済リンク」をお客様へメールでお送りするだけで、決済用のQRコードを表示することができます。
    QRコードよりWeChat Payなどで決済して商品代金をお支払いいただけます。

導入までの流れメールリンク決済の導入方法
  • 仮申込み・
    テストID発行
  • システム組込
  • 本申込み
  • 審査・ID発行
  • 運用開始
    (本番ID)

メールリンク決済についてのお問合せ

カスタマイズメールリンク決済はお客様に合わせたカスタマイズが可能です

メールリンク決済の導入をお考えの方は、
下記お申込みフォームより、必要事項を記入の上ご送信くださいませ。
担当者よりお客様にあった内容をご提供するためのヒアリングをさせていただきます。

メールリンク決済についてのお問合せ

技術的によくあるお問合せはこちら