ホーム > NIPPON Platformのインバウンド向け決済サービス

NIPPON Platformの
インバウンド向け決済サービス

お問い合わせ何かお悩みですか?

決済が不便と感じる訪日外国人

in_image01

「言葉が通じない」、「wifi環境が少ない」に次ぐ第三位は「決済が不便」
コミュニケーションに困った場所では「飲食・小売店」がトップ
※観光庁「訪日外国人旅行者の国内における受入環境整備に関するアンケート」結果

2020年の「訪日観光客の目標数」を2016年の時点で突破

in_image02

2020年の東京オリンピックの開催が決定した後、インバウンド市場は急激な拡大をみせています。
2016年の訪日観光客数は、過去最高を記録した2015年から、さらに20%増の成長率で2,400万人を突破しました。
2020年の訪日観光客数の目標2,000万人、訪日外国人旅行消費額4兆円を2016年の時点で目標を達成。
2030年には訪日観光客の数が6,000万人と東京オリンピック終了後も同市場は拡大を続ける予測。
NIPPON Platformの中国三大決済機能を使用すれば、中国の決済シェアの80%以上をカバーできます。

平成29年の訪日外国人全体の旅行消費額(確報)は4兆4,162億円
前年に比べ17.8%増加

in_image03

インバウンド市場の政府目標では、2,030年までに訪日外国人旅行者数を6,000万人、
訪日外国人旅行者消費額を15兆円にすることが示されています。
インバウンドは、長期的に成長が期待できるマーケットです。

アジアからの訪日外国人向けのインフラ整備が顧客満足を高める

中国(637万人)と筆頭に、韓国(509万人)、台湾(416万人)、香港(183万人)、タイ(90万人)と続きます。
訪日外客数TOP10のうち、8カ国がアジアからの旅行客で占めており、消費額もほぼアジアからの外国人で占めています

in_image04in_image04

NIPPON Platformのインバウンド向け決済

訪日外国人旅行者は、アジア圏3国からの旅行者が65%を占めており、これらの国々からの旅行者への対応が必要です。
また将来的には、観光支出の上位を占める欧米圏からの長期滞在者を取り込む必要があります。
世界中から訪れる旅行者への多様なニーズに応えることが、これからのインバウンド市場では重要になります。

中国三大決済

  • home01c
  • home01d
    インバウンド顧客獲得に必須のAlipay(支付宝)・WeChat Pay(微信支付)・
    銀聯(Union Pay)決済のEC-CUBEプラグインを無料提供 プラグイン
    無料提供

メールリンク決済

  • home01e
  • home01d
    カード決済が通らない先の予約や、訪日の前に前払いでの決済が可能。
    定額でカートに登録しづらい見積からの請求を中国三大決済で提供 訪日前払い
    決済が可能

おすすめのインバウンド向け決済

NIPPON Platformでは訪日の前中後でおすすめのサービスをご提供しております。
シーンに合ったサービスをお選びください。

中国三大決済メーリンク決済店頭決済
(NIPPON Tablet端末)
訪日前×
訪日中
訪日後×

技術的によくあるお問合せはこちら